2016年05月29日

チューリヒ歌劇場・2012年トレーラー



こちらの動画はスイスのチューリヒ歌劇場と
ドイツのハンブルク州立歌劇場による
2012年の『イーゴリ公』共同公演のトレーラーです。

動画の中でナレーターが『イーゴリ公』の作品解説、
演出を担当したパウントニーがイーゴリ公の特色と
自身の演出について語っています。

指揮/ フェドセーエフ
演出/ パウントニー
振付/ ツァネラ

casts
イーゴリ公/ シリンス
ヤロスラーヴナ/ グリャコヴァ
ヴラヂーミル/ ソン
ガーリチのヴラヂーミル/ ベロセルスキイ
コンチャーク/ ダニルク
コンチャーコヴナ/ ペトロヴァ

一見動画を見ると、
古風な衣装のヤロスラーヴナがいながら、
ソ連時代のピオネールの少女たちがいたり、
かなり異色な演出のように感じます。

パウントニーによると、この作品の
北方と南方、ロシアとコーカサス、
キリスト教とイスラム教といった
今なお熱い葛藤を考慮に入れ、
古代からソヴィエト時代、現代にいたる
ロシアの様々な時代を同時に表したとのこと。

全編を見てみたいものです。
posted by Vindobona at 22:01| Comment(0) | 歌劇『イーゴリ公』動画紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。