2016年06月18日

レニングラード国立オペラ・2007年日本公演

光藍社の招聘による通称・マールイ劇場の2007年日本公演。
同時上演は『カルメン』でした。

『イーゴリ公』の上演日程
2007年12月 5日(水)18:30中京大学文化市民会館オーロラホール
     12月 6日(木)18:30大阪フェスティバルホール
     12月10日(月)18:30武蔵野市民文化会館
     12月12日(水)18:30Bunkamuraオーチャードホール
     12月13日(木)18:30東京文化会館大ホール

casts
イーゴリ公/ニコライ・コピロフ
      アレクサンドル・ネナドフスキー(12/13)
ヤロスラーヴナ/ヴァレンチナ・サラプロワ
        オクサーナ・クラマレワ(12/13)
ウラジーミル/ドミトリー・カルポフ(12/13)
       アレクセイ・クリギン
ガリツキー公/アレクサンドル・マトヴェーエフ(12/13)
       ドミトリー・カネフスキー
       ユーリ・モンチャク
コンチャク・汗/ミハイル・カザンツェフ(12/13)
        カレン・アコポフ
コンチャコヴナ/ナタリア・ビリュコーワ
        ナタリア・ヤルホワ(12/13)
        エカテリーナ・エゴロワ
オヴルール/アレクサンドル・ペトロフ
      アレクセイ・クリギン(12/13)
スクーラ/ヴラジスラフ・ペレンコ
     ユーリ・モンチャク(12/13)
     カレン・アコポフ
エローシュカ/ヴィクトル・ルキヤノフ
       ヴァレンチン・シェヴェレフ(12/13)
子守/タチアナ・チェルカソワ(12/13)
   ニーナ・ロマノワ
ダッタン人の女性/オリガ・シャニーナ
         エレーナ・モロゾワ
         ユリア・シモノワ(12/13)


指揮/アンドレイ・アニハーノフ
演出/スタニスラフ・ガウダシンスキー
美術/V.A.ボリスキー
音楽監督/アンドレイ・アニハーノフ
バレエ振付/K.ゴレイゾフスキー
管弦楽/レニングラード国立歌劇場管弦楽団
合唱/レニングラード国立歌劇場合唱団
バレエ/レニングラード国立歌劇場バレエ団


表記はすべてプログラム準拠です。
この時の劇場名は「レニングラード国立歌劇場
- ムソルグスキー記念ミハイロフスキー劇場」です。

2007年度は12月にこのマールイ(通称)が、
そして明けて1月〜2月にはマリインスキイ歌劇場が来日し、
『イーゴリ公』を上演するという奇跡のような年度でした。

更にこの時のマールイの来日公演では
オペラ芸術監督としてオブラスツォワが同行しており、
一階席でファンにサインをしていました。

「子守」というのはヤロスラーヴナに
生家から嫁ぎ先まで随行してきた「乳母」のことです。
posted by Vindobona at 21:32| Comment(0) | 日本公演キャスト一覧
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。