2016年10月13日

フォルクス・オーパー・2016年トレーラー



こちらの動画は、ウィーンのフォルクス・オーパーによる
2015-16シーズンの『イーゴリ公』のトレーラーです。
ドイツ語の歌詞による上演で、
来シーズンの上演演目にも入っています。

更に詳しい概要は次の動画でどうぞ。
終幕の場面を見る限りでは、
リムスキイ−コルサコフによる
原典版を利用しているようです。



指揮/ エシュヴェ
演出/ シュルテ-ミヒェルス
振付/ ローテンベルク
casts
イーゴリ公/ ホレチェク
ヤロスラーヴナ/ ラモス
ヴラヂーミル/ シルマッハー
ガーリチのヴラヂーミル/ ヴィンクラー
コンチャーク/ コリバン
コンチャーコヴナ/ ミケリッチ

どうも『イーゴリ公』は地域密着型の物語のせいか
スラヴ圏以外では
演出にやや奇抜な手が入ることが多いように感じます。
フォルクス・オーパー版も第2幕のポーロヴェツの陣営は
巨大なひまわり畑で表現されており、
「ポーロヴェツ人の踊り(韃靼人の踊り)」は
ここだけ切り取って見るとひまわりと虫にも見えます。
お遊戯会の手作りのような冠をかぶった
ガーリチのヴラヂーミルも裸の王様のよう。

同じシーズンにボロディンのメロディー満載のミュージカル、
『キスメット』がコンサート形式で上演されているので、
ウィーンのボロディン好きにはたまらない1年でした。





posted by Vindobona at 11:46| Comment(0) | 歌劇『イーゴリ公』動画紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。